ケロッグ Kミューズリー(期間限定品) レビュー

WRMNEZMYGqomp5C1462078277_1462078290

シリアルの名門「ケロッグ」が販売しているミューズリー。

原産国はオーストラリアで、日本でも発売元は味の素株式会社です。一番大手っぽい感じですね。

*ケロッグに問い合わせたところ、「Kミューズリー」は期間限定商品として販売していたとのことです。現在(2016年10月)、製造・販売はしていません。今のところ、再販の予定もないそうです。残念!

ケロッグ「Kミューズリー」

THkuJB0IR2mROHi1462078304_1462078339

原材料

全粒オーツ麦、ドライフルーツ(レーズン・バナナ・マンゴー・クランベリー・イチゴ・パイナップル・パパイヤ)、全粒ライ小麦、全粒大麦、全粒ライ麦、シリアル(全粒小麦・小麦ふすま・砂糖・麦芽エキス・食塩)、砂糖、かぼちゃの種、植物油脂、アプリコット調製品(アプリコットピューレ・リンゴピューレ・転化糖・砂糖・小麦ファイバー)、グリセリン、酸味料、ゲル化剤(ペクチン)、香料、着色料(パプリカ色素・マリーゴールド色素)、酸化防止剤(亜硫酸塩)

栄養成分(100gあたり)

熱量(カロリー):342.5kcal、たんぱく質:9.25g、脂質:7.0g、糖質:55.25g、食物繊維:10.25g、ナトリウム:50mg

*パッケージ表記は1食分40gあたりの成分表示となっているので、100gあたりに換算しています。

特徴

とにかく食べやすいです。ドライフルーツは種類も量も多め。特にバナナチップスの食感は大きなアクセントとなっています。また、コーンフレーク(シリアル)の含有量も多いので、相対的にオーツ麦のクセがそんなに感じられません。

穀物系はすべて「全粒穀物」であることを謳っています。ほかのメーカーのミューズリーは「全粒」の表記をしているものはなかったのですが、表記していなということは「全粒」ではないのでしょうか?見た目や味は特に変わらないと思いました。

注意点

食べやすいだけあって、ただ素材を混ぜただけの商品と違い、人の手が色々と加えられているようです。コーンフレーク(シリアル)が多めなのも、アプリコットの調製品を使っているのも、油脂が使われているのも、グリセリンなどの甘味料が使われているのも、さらには着色料や酸化防止剤を使っているのも、食べやすさを優先した結果だと思われます。

ただその割には、糖分や脂質などはそこまで高くないという印象です。食べやすさと栄養バランスを上手に取っているとも言えるでしょう。

ですが、添加物が多めなのは否めないので、ナチュラル志向の人にはあまり向いていないかもしれません。

また一袋280gと控え目な量なので(1食分が40gとすると7日分)、コストパフォーマンス面から見ても、毎日食べるマニアにはあまり向いていないと言えるでしょう。ただ、たまにアクセントで食べると、デザートを食べているようでとても美味しく感じます(笑)

こんな人にオススメ

・ミューズリー初心者

・グラノーラよりはカロリーが低くて、しかも美味しいシリアル商品を探していた人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする